シンガポールの賃貸物件、居住・投資用不動産を多数ご紹介。シンガポールで投資、移住、駐在、留学をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フォーランドリアルティネットワーク

【住みやすい都市No.1】シンガポールで日本人にお勧めの賃貸、居住・投資用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2017年9月22日現在の為替相場(1SGD=83.10円)で換算表示

店舗案内

シンガポール拠点

シンガポール拠点

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

日本拠点

日本拠点

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー16階

フィリピン拠点

フィリピン拠点

Foreland Realty Network, Inc.

23F Tower 6789, 6789 Ayala Avenue, 1227 Makati City, Manila

マレーシア提携企業

マレーシア拠点

Aqua White Home Sdn. Bhd.

28-01 ,Integra Tower ,The Intermark ,348 Jalan Tun Razak , Kuala Lumpur




【シンガポール賃貸・不動産】富裕層率No.1のシンガポール

シンガポールは、世界的コンサルティング会社ボストン・コンサルティングの調査において、金融資産100万US$を超える富裕世帯の割合が17.1%(2011年時点)に上っており、富裕層が集まる国として古くから知られるスイスや香港を抑えて、富裕層率No.1の国となっているほか、資産保全額でも世界一を誇っています。

1・有利な税制を背景に、資産保全額でもシンガポールは世界No.1

中国などアジアの富裕層拡大、プライベートバンクの先駆者であるスイスでの規制強化や厳格な秘密主義の緩和といったように、富裕層マネーを巡る環境が変化していく中、シンガポールは富裕層マネーを大きく取り込むことに成功しています。その大きな原動力となっているのが、実効税率では10%を下回る法人税や最大20%の低い個人所得税(住民税はなし)、多彩な非課税項目(国外源泉所得税、相続・贈与税、キャピタルゲイン税など)といった、世界的に見ても高い魅力を持つ税制にあると言えます。

また、世界中の富裕層が集まるシンガポールには、世界各国の大手金融機関が軒を連ねており、プライベートバンク、投資ファンド、債券、仕組み預金など、世界最高水準の豊富な投資商品や質の高いサービスが提供されていることも大きな魅力となります。富裕層マネーの流入が金融サービスを一段と向上させるという好循環が生まれており、世界を席巻するチャイナマネーの受け皿としての機能はもちろんのこと、政府がイスラム金融の整備を積極的に推進している中、潤沢な中東のオイルマネーの流入拠点としても期待されており、今後もシンガポールには富裕層マネーが集まると予想されています。

主な個人税制の比較 シンガポール 日本
個人所得税 最大20% 最大45%
国外源泉所得 非課税 課税対象
住民税 非課税 10%+4000円
相続税 非課税 最大50%
贈与税 非課税 最大50%
キャピタルゲイン税 非課税 原則20%
インカムゲイン税 非課税 20%
※シンガポールでは日本同様、「基礎控除」「配偶者控除」など様々な人的控除が認められているため、税負担を一段と抑えられます。

2・国際的な評価も世界トップクラス

世界各国が外国資本を自国に誘致するために、近年、激しい競争を繰り広げていますが、その中でもシンガポールは勝ち組の最たる例と言えます。シンガポールは、ビジネス拠点としてだけではなく、生活拠点としても優れた機能を持ち合わせており、その高い魅力は様々な国際機関から発表されているデータでも伺い知ることができます。
シンガポールが外国資本の取り込みに成功している最大の理由は、「優遇された税制」「整備されたインフラ・法制度」といった、ビジネスのしやすい環境が作り上げられていることにあります。しかし、その他にもシンガポールには「アジアの国際金融センターとして最先端の金融サービスを利用できること」「衛生的で治安が良く、娯楽施設も充実した心地良い生活環境が提供されていること」「政治に対する国民の信頼が厚く安定していること」「高水準の教育により知識・意欲の高い労働力が多いこと」といった複合的な魅力が詰まっており、今日の高い国際競争力を生み出す一因となっています。

積極的な外資誘致により成長を続けるシンガポールは、1人当たり名目GDPで2007年以降(2009年を除いて)日本を上回っており、アジアで最も豊かな国として定着しつつあります。少子高齢化・デフレ・巨額の財政赤字といった様々な難題を抱える日本が「失われた30年」に突入しかけている中、今後もその差は拡大していくことは必至で、新たなビジネス・投資のチャンスを求める方にとってシンガポールは非常に魅力的な国と言えるでしょう。

指標名 発表元 RANK
ビジネスのしやすさランキング(2015年) 世界銀行 世界1位
貿易円滑化指数(2014年) 世界経済フォーラム 世界1位
グローバル金融センターランキング(2015年) Z/Yenグループ(英国) 世界4位
世界で最も住みやすい都市ランキング(2015年) ECA Int’l(スイス) 世界1位
国際競争力レポート「制度的環境」(2015-16年) 世界経済フォーラム 世界2位
国際競争力レポート「インフラ整備」(2015-16年) 世界経済フォーラム 世界2位
国際競争力レポート「労働市場の効率性」(2015-16年) 世界経済フォーラム 世界2位
国際競争力レポート「金融市場の発達」(2015-16年) 世界経済フォーラム 世界2位
国際競争力レポート「高等教育」(2015-16年) 世界経済フォーラム 世界1位
世界競争力ランキング(2016年) 国際経営開発研究所(スイス) 世界4位
1人当たり名目GDP(2014年) シンガポール統計局 アジア1位

Pocket

ページの先頭へ