シンガポールの賃貸物件、居住・投資用不動産を多数ご紹介。シンガポールで投資、移住、駐在、留学をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フォーランドリアルティネットワーク

【住みやすい都市No.1】シンガポールで日本人にお勧めの賃貸、居住・投資用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2017年11月17日現在の為替相場(1SGD=83.30円)で換算表示

店舗案内

シンガポール拠点

シンガポール拠点

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

日本拠点

日本拠点

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー16階

フィリピン拠点

フィリピン拠点

Foreland Realty Network, Inc.

23F Tower 6789, 6789 Ayala Avenue, 1227 Makati City, Manila

マレーシア提携企業

マレーシア拠点

Aqua White Home Sdn. Bhd.

28-01 ,Integra Tower ,The Intermark ,348 Jalan Tun Razak , Kuala Lumpur




【シンガポール賃貸・不動産】家族での居住に最適な国

家族連れ立っての海外生活で心配となるのが子供の教育環境や医療面ですが、シンガポールでは共に国家戦略として力を入れている分野であるため、日本と同等もしくはそれ以上の水準のサービスが提供されています。

1・世界最高峰の教育環境

シンガポールでは日常的に英語が使われているほか、全人口の7割以上を占める中国系の人口の多さから中国語も広く用いられています。また、多民族国家であることからお互いの文化や価値観を尊重し合う傾向にあり、子供を国際人に育てる上で最適な環境を備えています。
そのため、子供の国際感覚を高めたいという考えを持つ富裕層の中で、二大言語である英語と中国語を同時に学ぶ上での最適なフィールドが広がるシンガポールに住まいを移す動きが出ています。その代表例が2007年に家族と共にシンガポールに移住した、米国の著名投資家ジム・ロジャーズ氏であり、「子供に完璧な中国語を身に付けさせるために、中国語圏の国に住みたかった」とした上で、大気汚染が進む香港や上海ではなくシンガポールを移住先に選んでいます。

また、天然資源に乏しいシンガポールには、「人材」は最大かつ唯一の「資源」との考えがあるため、歳出の2割という国防費に次ぐ巨額の予算を教育費に振り向けるなど、政府は国の将来を担う優秀な人材の育成に積極的に取り組んでいます。
シンガポールの教育の特徴は、初等教育の段階から能力別にクラス分けが行われ、個の能力に適した教育を受けることができるところにあります。授業についていけない生徒がそのまま取り残されてしまう傾向にある日本の教育とは違い、シンガポールではアフターフォローがきちんとなされており、語学だけではない総合的な教育の場としても高い魅力を持っています。
なお、現地の日本人学校は世界有数の規模と学力レベルを誇るとされており、日本の文部科学省の選考を経て派遣された教員から、日本のカリキュラムで授業を受けることもできます。

2・日本と同レベルの医療サービス

英語が公用語であるシンガポールには、欧米で医師免許や博士号を取得した優秀な医師が多く、日本と同程度のレベルにあるとされる高い医療技術・サービスが提供されており、特に先端医療の設備は世界トップクラスと評されています。
また、シンガポールは多民族国家である上、政府が「メディカル・ツーリズム」を推進していることから、アジア諸国を中心に多くの外国人患者が診療に訪れており、外国人患者の受け入れ体制も確立されています。さらに、日本人の医師や看護婦、日本語を話せるスタッフが常駐している病院が多いことは、私たち日本人の安心感を高めてくれることでしょう。

3・多彩な娯楽・観光スポット

マスターカードが発表した2014年の「世界渡航先ランキング」で世界4位となるなど、多くの観光客が集まるシンガポールには、様々な娯楽・観光スポットが存在します。
「マーライオン公園」や「ナイトサファリ」といった定番のスポットはもちろんのこと、最近ではユニバーサル・スタジオが設置されている「リゾート・ワールド・セントーサ」や、世界最大級の観覧車「シンガポール・フライヤー」、船型の屋上庭園が特徴的でショッピングモールやカジノが設けられた「マリーナ・ベイ・サンズ」といった新名所も続々と誕生しており、シンガポールでは週末に家族団らんで過ごせる様々な場所が提供されています。

また、自炊より外食を好むことから、外食文化が発達しているシンガポールでは、中華料理、インド料理、マレー料理といった各民族の伝統料理を、「ホーカーズ」と呼ばれる屋台から高級店まで様々なスタイルで楽しむことができるほか、フレンチ、イタリアンといった西洋料理や日本料理など、世界各国の食文化も広がっており、気分に応じた食事の楽しみ方ができるのも魅力的です。

Pocket

ページの先頭へ