シンガポールの賃貸物件、居住・投資用不動産を多数ご紹介。シンガポールで投資、移住、駐在、留学をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フォーランドリアルティネットワーク

【住みやすい都市No.1】シンガポールで日本人にお勧めの賃貸、居住・投資用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2017年11月17日現在の為替相場(1SGD=83.30円)で換算表示

店舗案内

シンガポール拠点

シンガポール拠点

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

日本拠点

日本拠点

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー16階

フィリピン拠点

フィリピン拠点

Foreland Realty Network, Inc.

23F Tower 6789, 6789 Ayala Avenue, 1227 Makati City, Manila

マレーシア提携企業

マレーシア拠点

Aqua White Home Sdn. Bhd.

28-01 ,Integra Tower ,The Intermark ,348 Jalan Tun Razak , Kuala Lumpur




【シンガポール賃貸・不動産】優れたビジネスインフラ

限られた人口や東京23区と同程度の国土、さらには天然資源にも恵まれていないシンガポールは、1965年にマレーシアから独立して以降、積極的に外国資本(ヒト・モノ・カネ)の受け入れを図ることで国際的な競争力を高めてきました。
政府による様々な税制措置はもちろんのこと、「グローバル・アジア・ハブ」を目指して港湾、空港、通信などのビジネスインフラの整備にも力を入れることで、世界一とも評されるビジネス環境を提供しています。今日では「グローバル企業が活動しやすい国」を示すとされる、スイスの国際経営開発研究所(IMD)が発表している「世界競争力ランキング」(世界61カ国・地域を対象に調査)で、シンガポールは2016年に「世界4位」にランクインするほどの競争力を身に付けており、世界中の企業が拠点を構えるシンガポールには多様なビジネスチャンスが広がっています。

1・欧米先進国と同等水準、安心の法制度

旧英国植民地であるシンガポールは、英国法から由来するコモンローをベースにしながらも、独自の法律を制定しています。その法制度は国際的に高く評価されており、欧米の先進国と遜色ない司法制度を持つ数少ないアジアの国とも評されています。
特に、「知的財産保護」の分野では、世界経済フォーラムが発表した「国際競争力レポート2015-2016」で、シンガポールは世界4位の評価を得ており、知的財産権を巡る国際的な紛争が増えている昨今、法制度に対する安心感は世界中の企業を呼び寄せる一因となっています。

2・アジアにおける物流の要所

シンガポールはアジアの中心という優れた立地条件を生かして、古くから貿易拠点として繁栄してきました。
今日ではアジアにおける物流ハブの地位を確立していますが、その重要な役割を担っているのが太平洋とインド洋を結ぶマラッカ海峡という海運の要衝に面する「シンガポール港」です。シンガポール港は港湾業務のIT化をいち早く導入しており、着岸から離岸まで12時間以内という作業効率の高さを武器としています。地震や台風などの自然災害がほとんどないという優位性も、アジアの物流ハブのロケーションとして最適であることから、世界トップクラスのコンテナ取扱量を誇っています。

また、シンガポール唯一の空港施設「チャンギ国際空港」は、世界一とも評される優れたサービス・設備を提供しています。全てのASEAN諸国に3時間以内でアクセスできる抜群の利便性を持つチャンギ国際空港では、60の国と地域に向けて週5000便以上の定期フライトが運航し、数多くの乗り継ぎ客が利用しています。特に、オセアニアと欧州を結ぶカンガルー・ルートの中継地点として知られています。チャンギ国際空港などの優れたインフラ機能を生かし、シンガポールは2013年の世界国際会議開催件数で世界1位となっており、効率的なビジネス都市としてのイメージを一段と高めています。
さらに、国土が限られているシンガポールでは効率的な道路づくりがなされており、バスや電車の路線も全土に張り巡らされているなど、公共交通の利便性も高い水準にあります。

3・高水準の通信インフラ

コンドミニアムやアパートに光ファイバーの敷設を義務化するなど、シンガポール政府は国を挙げてインターネット環境の整備を推進しています。現在では、家庭向けブロードバンド普及率は100%を超える高い水準にまで達しているほか、街中の至る所に無料のWi-Fiスポットが設置されているなど、世界最高水準を誇る日本の通信インフラと比較しても、見劣りしないレベルまで整備されており、ビジネスにおいてもストレスなくインターネット環境を利用することが可能となっています。
世界経済フォーラムが発表した「市場、法整備、インフラなどの環境」「個人、企業、政府におけるITの整備」などを点数化する「ネットワーク整備指数」のランキングでは、2015年に世界1位と日本(10位)を上回る評価を得ています。

Pocket

ページの先頭へ