シンガポールの賃貸物件、居住・投資用不動産を多数ご紹介。シンガポールで投資、移住、駐在、留学をご検討ならフォーランドリアルティネットワーク

フォーランドリアルティネットワーク

【住みやすい都市No.1】シンガポールで日本人にお勧めの賃貸、居住・投資用不動産を多数ご紹介。

【重要】物件価格は2019年10月18日現在の為替相場(1SGD=79.60円)で換算表示

ニュース&コラム

シンガポール不動産コラム(詳細)

2019.07.22
シンガポールで増加する電子ロック玄関、もし電池切れになったら?

シンガポール不動産コラム・イメージ画像

不慣れな海外生活はわからないことだらけ。シンガポールでの生活においてもそれは同様で、日本とは制度や文化、インフラなど様々な面で違いがあることから、ちょっとしたことでもどう対応すればいいのか困ってしまうことは多いと思います。

そこで、本コラムではシンガポールの不動産・住宅事情や生活事情に精通した現地スタッフが、皆様がシンガポールが生活する上で遭遇しやすい住居にまつわるトラブルや悩み、その対処法について解説します。

シンガポールで普及が進む電子ロック

日本では玄関の鍵と言えばシリンダー錠が一般的で、電子ロックを採用している住宅はごくわずかですが、シンガポールのコンドミニアムでは築年数が新しいものであればあるほど、電子ロックが採用されていることが多くなっています

電子ロックには、専用カードのタップ(コンドミニアムのカードと一体型のタイプも)やPINコード入力、あるいは指紋認証など、いくつか種類がありますが、物理的な鍵の持ち歩きが不要なほか、鍵穴から専用工具を使用した開錠(ピッキング)ができないなど、利便性やセキュリティー性の高さから世界的に導入が進んでいます

しかし、その一方で電子ロックならではのトラブルもあるため、慣れていない日本の方がもしそうした場面に遭遇すると、あたふたして冷や汗をかいてしまうことも多いようです。

電子ロック・イメージ写真その1 電子ロック・イメージ写真その1

最頻発のトラブルは「電池切れ」

電子ロックで最もよく起きるトラブルと言えるのが「電池切れ」です。玄関ドアに備えられた肝心の電子ロックが、基本的に乾電池式であるため、バッテリー切れによってカードや指紋などをかざしても反応せず、家に入ることができないケースはよくあります。

オーナー側やエージェントから入居時に説明を受けていれば、突然のバッテリー切れに襲われることなく、事前の電池交換やその場の対応ができるかもしれませんが、対応方法を知らずにLocksmith(日本でいうカギの救急車)を呼んでしまうと、電子ロックを破壊して新しい物へ交換することになったり、深夜の依頼となれば深夜料金として2倍以上のチャージを求められることもあります。当然ながら、その費用をオーナーが支払ってくれることはありません。
 

電池切れが近づいてくると通知音が鳴ったり、ランプが点灯したりするものもあるので、ご自身の家の電子ロックがどのようなタイプのものなのかを確認しておき、定期的な電池交換を行うことが大切です。

電池切れ時の対応法は事前に必ずチェック

万が一、電池が切れてしまって家に入れなくなってしまった場合に備えて、ご自身の家の電子ロックではどのような対応をとれば鍵の交換などをせずに家に入ることができるようになるのかは、必ず事前に確認しておきましょう。

電子ロックには外側から一時的に通電するための電池を差し込むスペースがあるものや、エマージェンシーキー(物理的な鍵)が別に用意されているものがほとんどとなるため、オーナーへの確認やマニュアルのチェック、自宅の電子ロックの確認などを事前にしておくことで、突然のバッテリー切れへの対処も可能です。

ただ、エマージェンシーキーは通常1つしかないため、テナントに渡さずにオーナーが保管していることもあります。その場合、エージェントを通じてオーナーに開けてもらうといった方法をとる必要があります。

Simons Voss社のトランスポンダーは要注意

電池切れが起きてしまったとしても、上記の対応がとられていれば基本的にはトラブルに対処できるはずですが、電子ロックの種類によってはこの対応方法が通用しないものもあります。

特に、最も厄介なタイプの電子ロックと言えるのが、Simons Voss社の「Transponder(トランスポンダー)」と呼ばれるものです。この鍵は内部のメモリで玄関側とトランスポンダーが一致するように登録されており、自分で電池を交換するとメモリが消えてしまう可能性がある特殊な仕様となっているため、もし電池切れが発生した際にはマネジメントオフィスを通じて業者を手配しなければなりません。

特殊な交換作業を伴うことから、1回の電池交換で100Sドル(約8,000円)前後と一般的な電池交換より高額となりますので、契約したいコンドミニアムがどのタイプの電子ロックかも事前に確認した方がいいかもしれません。

ちなみに、日本人の方が好んで住むコンドミニアムでは、Icon(アイコン)Reflections(リフレクションズ)などが、Simons Voss社のトランスポンダーを設置しているので、これらの物件への居住を検討している方は、そうした事情があることを理解したうえでご選択ください。

電子ロック「Transponder」のイメージ画像 シンガポール高級コンド「Icon」の外観写真
Pocket


関連記事

2019.10.10
シンガポールで増えるビルトイン冷蔵庫、そのメリット・デメリットは?

sg_rent_column_05 不慣れな海外生活はわからないことだらけ。シンガポールでの生活においてもそれは同様で、日本とは制度や文化、インフラなど様々な面で違いがあることから、ちょっとしたことでもどう対応すればいいのか困ってしまうことは多いと思います。 そこで、本コラムではシンガポー...[記事全文]

2019.09.19
シンガポールの洗濯機事情やよくあるトラブルを解説!

sg-rent-column04 不慣れな海外生活はわからないことだらけ。シンガポールでの生活においてもそれは同様で、日本とは制度や文化、インフラなど様々な面で違いがあることから、ちょっとしたことでもどう対応すればいいのか困ってしまうことは多いと思います。 そこで、本コラムではシンガポー...[記事全文]

2019.08.05
シンガポールの高層コンド生活で検討したい子供の転落防止策

シンガポール不動産コラム・イメージ画像 不慣れな海外生活はわからないことだらけ。シンガポールでの生活においてもそれは同様で、日本とは制度や文化、インフラなど様々な面で違いがあることから、ちょっとしたことでもどう対応すればいいのか困ってしまうことは多いと思います。 そこで、本コラムではシンガポー...[記事全文]

バックナンバー検索

  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年07月22日

店舗案内

シンガポール拠点

シンガポール拠点

Foreland Realty Network
Singapore Pte.Ltd.

9 Raffles Place #58-26,
Republic Plaza,Singapore 048619

日本拠点

日本拠点

フォーランドリアルティ
ネットワークジャパン株式会社

東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルタワー16階

フィリピン拠点

フィリピン拠点

Foreland Realty Network, Inc.

High Street South Corporate Plaza Tower 1 #1101, 9th Ave., Bonifacio Global City, Taguig, Manila

マレーシア提携企業

マレーシア拠点

Aqua White Home Sdn. Bhd.

28-01 ,Integra Tower ,The Intermark ,348 Jalan Tun Razak , Kuala Lumpur




ページの先頭へ